2022-09-19 16:30:00

サルコペニア

こんにちは。

フィヤージュジャズダンス&ヨガスクール インストラクターのANRIです🍎

今日はサルコペニアのお話です。

 

早速ですが、「サルコペニア」って聞いたことありますか?

ギリシャ語で

筋肉を意味する「サルコ」と喪失を意味する「ぺニア」を組み合わせたもので、

加齢による筋量及び筋機能の低下を意味する言葉です。

 

病気や事故が原因ではない、老化現象のひとつで

程度の差はあるものの誰にでも起こりうる現象です。

2025年問題等、超がつくほど高齢化社会が目前にある現代社会では

この「サルコペニア」の予防が

健康寿命を長くするためにとても大切だと考えられています。

 

一般的に、筋肉量は30代後半~40代にかけて徐々に低下しはじめ

40代後半以降は急激に減少するといわれていて

特に、一番減りやすい筋肉としては

「大腿四頭筋」と「腹直筋」が上げられます。

 

私達の体を支え、元気に自分の足で歩くために不可欠な筋肉で

その部位の筋肉を鍛えて減少させないようにすることが

「サルコペニア」の予防にとても重要です。

 

若いうちから運動習慣を身につけて

30~40代になる前に

筋肉の減少を予防することが理想的ですが

筋トレによる筋肉量の増加や、筋肉の機能の向上は

何歳になっても認められることが科学的に証明されています!!

何歳でも適切なアプローチで筋力アップすることは可能なんです💪✨

 

当スクールでは

70~80歳代の大人女性達も安全に通っていただける「スローヨガ」クラスがございます☺

ヨガって膝を深く曲げたりと

難しい印象があるかもしれませんが

椅子を使った「チェアヨガ」など

安全で快適に、そして筋肉量を付けるためのエクササイズが盛りだくさん✨

また、定期的にスクールに通うことで

お友達等との話題も尽きず

 

”人生の中で今が一番元気♪”と言われる方もいらっしゃいます✨

 

また、

筋肉の中の筋繊維は糖代謝が活発なので

筋肉量の減少は「糖尿病」発症のリスクの一つでもあったり

「サルコペニア」は「肥満」と同時に進行するとも言われていて

 早い段階での筋肉トレーニングがいかに大切かが分かります。

 

レッスンの後のランチやお茶会のついでと思って♪

 

是非ヨガで筋力upして、元気な体づくりをはじめませんか?

 

ANRI

 5CB08E0A-B3F6-41CB-B34E-BD486B65F8ED.jpg 

 

#ナバーサナ #舟のポーズ

「サルコペニア」予防のために重要な「大腿四頭筋」と「腹直筋」どちらも鍛えることができるポーズです✨

 

 

 

 

 

2022-09-16 12:40:00

骨とカルシウムのお話

こんにちは。

フィヤージュジャズダンス&ヨガスクール インストラクターのANRIです🍎

今日は骨🦴のお話です。

  

骨の主成分はCa(カルシウム)で、体内のCaの99%は骨の中にあり

骨はCaの貯蔵庫の役割を果たしています。

残りの1%は他の臓器や血液中にあるのですが

それらが不足すると

骨から溶けて😨💦補っています。

 

成人女性のCaの一日当たりの推奨摂取量は

約600mg~700mgとされていますが

日本人女性の平均摂取量は約500㎎と言われていて

不足しがちな方が多いようです。

 

無理なダイエット等により栄養不足となり

体内のCaが不足してしまうと

それらを毎回、骨から補充してしまうため

骨がスカスカな状態になる「骨粗鬆症」の原因になってしまいます。

 

また

「骨」も実は「新陳代謝」をしていて、

古くなり劣化した骨は「骨の新陳代謝」によって溶かされ

骨芽細胞によって新しい骨が形成されます。

エストロゲンの分泌が低下すると

「骨の新陳代謝」がうまく働かなくなることから

閉経後の女性に「骨粗鬆症」が特に多くなることは

このことが原因の一つです。

 

そんな話を聞くとCaとらなゃ!と思いますよね😨💦💦

Caは非常に吸収しにくい成分で、

食品で取り入れること以外にも

吸収を促進する「ビタミンD」の働きが大変重要だそう。

 

「ビタミンD」は

・小腸からのCa吸収を高める

・腎臓で尿として排出されたCaを再吸収する

・骨の新陳代謝の調整

などの働きがあり、

 

その「ビタミンD」の生成には 

”日光に当たる” 

  ⇓

”皮下脂肪のコレステロールに紫外線が当たる”

  ⇓

”体内でビタミンDが作られる”

 

お肌の大敵であったりと悪いイメージのある紫外線ですが

上記のようなメカニズムを見ていただくと

必要なビタミンDが生成されるために

朝日を浴びる程度は必要なことのようです。

 

 骨に悪い食べ物として

「リン」の過剰摂取が

尿からのCaの排出を促進してしまうそうです。

ファストフードやインスタント食品、スナック菓子に多く含まれていますので

それらをなるべく取らない工夫も必要です。

 

程度な運動による負荷も

新しい骨をつくる「骨芽細胞」の働きを活性化させてくれます✨

そのかいあってか

私の健康診断での「骨密度チェック」では

二十歳前後の骨密度と先生からお褒めの言葉をいただいています☺

 

食事でしっかりCaを摂取したら

適度な日光

リンを摂り過ぎないこと

そして

ダンスで骨に必要な負荷をかけて

楽しく元気に動ける健康な骨🦴をつくりましょう✨

 

 

ANRI

 

 

 6CBF1847-6F41-411F-A1A0-42D6C6FA6054.jpg

 #ウッティタハスタパータングシュタアーサナ #一本足のポーズ

 

2022-09-15 14:15:00

頭痛のお話

こんにちは。

フィヤージュジャズダンス&ヨガスクール インストラクターのANRIです🍎

前回の投稿からだいぶ間があいてしまいました🥲💦

今回は頭痛に関係するお話です。

 

 

「頭痛」とひとまとめに言っても、

実は

・何か病気が潜んでいるもの

・何も病気は伴わないもの:「機能性頭痛」

上記の二つに二分されます。

今日は、病気等は伴わない「機能性頭痛」についてのお話です。

 

「機能性頭痛」にも「偏頭痛」と「緊張性頭痛」の二種類があって

「偏頭痛」は

頭蓋内外の血管の収縮と拡張が関与しています。

症状としては こめかみがどくどく脈打つ感じでしょうか。。

 

私も、雨が降る前や、今の台風🌀の時期などは

よく偏頭痛があるのですが、

 

雨の日は☔

「気圧の低下」と「湿度による水分バランスの崩れ」が起きやすいことが原因の一つのようです。

そのことにより

”血管が広がる”

  ⇓

”脳の神経を刺激”

  ⇓

「頭痛が起きる」

  ⇓

”刺激を受けた神経は血管拡張の物質を放出”

  ⇓

”血管のまわりに炎症”

  ⇓

これでますます痛みがUPするそうです😢

 

また、

雨の日ってなんだか気持ちが沈んだり

落ち込んだりする方も多いのではないでしょうか。

それは、

耳の奥にある「内耳」という器官が

気圧の低下をキャッチして

副交感神経優位に働きかけることが原因だそう。

 

副交感神経が優位になることは

気分が落ち着いたりリラックスしたりと

とても大切なことなのですが

それが過剰になってしまうと

そういった気持ちの面でも影響があるようです。

 

次に

「緊張性頭痛」は

後頭部を中心に頭全体をしめるけるような

鈍い痛みが特徴的で

身体的ストレス・精神的ストレスが原因で

主にストレスと深い関りがあるようです。

 

長時間のデスクワーク、姿勢不良等による

”血行不良”や”頸椎の圧迫”

  ⇓

”頭痛”

といったメカニズムのため、

緊張性の頭痛では

姿勢を良くしたり、首回りをストレッチして

負担を軽減することが大切です。

 

自律神経や首回りの緊張など

色んなことが関与している「頭痛」ですが

ヨガのアーサナの中でも

「シャシャンカアーサナ/うさぎのポーズ」といって

頭痛や肩凝りに効果的なポーズもあります。

 

とても心地の良いポーズなのですが

頸椎に負担がかかる可能性もあるので

ぜひ自己流ではなく

知識のあるインストラクターの指導のもと

行っていただくことをオススメします(*^^*)

 

今週末も台風🌀で

不安定な天気の予報ですが

ご自身の頭痛の原因を探って

少しでも今の症状が軽減しますように🌸

 

ANRI

FC77BBAC-26F6-46EE-A5FD-8DAB36C3CA1B.jpg

#シャシャンカアーサナ #うさぎのポーズ

 

 

2022-09-08 13:04:00

PMSとヨガ

 ~PMSとヨガについて~

こんにちは。

フィヤージュジャズダンス&ヨガスクール インストラクターのANRIです🍎

今日はPMSに関係するお話をゆるりとご紹介いたします(*^^*)

 

「PMS]とは、「月経前症候群」といって、

いわゆる「月経」の約2週間前に起こるさまざまな症状のことです。

 

生理前になると

”食欲や、甘いもの欲が強くなる”とか、

”イライラ怒りっぽい”、”ニキビや肌荒れする”、”便秘がちになる”

といった、心と体のさまざな不調の総称で、

その方によって色んな症状があります。

 

「PMS」の原因としては

「プロゲステロン」という排卵後に卵巣から分泌される「黄体ホルモン」によって

脳内物質や体の代謝系に影響することが関係しています。

 

それと同時期に「エストロゲン」が減少するため、

前回のコラムでもご紹介した

万能Happyホルモンの「セロトニン」の分泌も低下してしまうのです😢

 

月経周期によって

ただでさえ、心も身体も揺れ動く時期なのに

それらにストレスが加わると

自律神経が乱れて、「プロゲステロン」が過剰となり、

「PMS」の症状がひどくなることがあるようです😣

 

生理の2週間前から起こりうるということは

女性は、一ヶ月の半分が

不調になりやすいということ💦

 

規則正しい生活、睡眠や栄養、ストレスをため込まないとった

ごく一般的なセルフケアがとても大切ですが、

 

「骨盤のゆがみ」を整えること

「自律神経」を整える「腹式呼吸」

そして、

いつも私がヨガのレッスンの際に皆様にお伝えしている

「今のご自分の状態を否定したり、ジャッジするのではなく、

今日はこんな日なんだなぁと受け入れる」ことが

とても重要なのではないかと感じています。

 

ある程度の感情のゆらぎはあって当たり前

”ホルモンのせいなんだ”と自分を責めるのではなく

それをまるっと受け入れて

一緒にヨガを感じてみませんか?

 

毎週木曜20時~オンラインで配信している

「リラックスビューティーヨガ」は、

そういった女性特有のお悩みを

ゆるっとほっこり解消できたらいいなぁと

毎月のテーマを変えて配信しております(*^^*)

 

今月は、土曜日が「中秋の名月」ということにちなんで

「月ヨガ」をアレンジしております🌙

 

 

骨盤調整をメインとした

美容効果も高いシークエンスになっているので

参加してみてくださいね(*^^*)

 

 

ANRI

 

S__260562951.jpg

#パリガアーサナ#ゆらぎのポーズ

 

 

2022-09-06 18:16:00

心と体のつながりとヨガ

~心と体のつながりとヨガついて~

んにちは。

フィヤージュジャズダンス&ヨガスクール インストラクターのANRIです🍎

今日は心と体のつながりとヨガついてのお話です(*^^*)

 

皆さん、

「心身一如(しんしんいちにょ)」という言葉はご存知でしょうか?

「心と体はひとつながりのもの」という東洋の考えです。

 

近年では、医学や心理学の領域でも

「心の緊張」と「体の緊張」の関連を認め

とくにトラウマ等の強い心の緊張は、

体の特定の箇所に強いこわばりや硬直を招くと考えられています。

 

逆に、

その体の硬直を解消させられれば、心の緊張も解消させることができる

という考えから

 

さまざまなアーサナや呼吸法から

体を柔軟に快適な状態へと導くことは

心の癒しにも効果があるとして

海外では

医療の現場でも、ヨガが取り入れられてきています。

 

「皮脳同根(ひのうどうこん)」といって、

皮膚と脳の細胞が同じ根っこから形成されている

という言葉があるとおり、

 

受精卵が細胞分裂する際、

表皮と脳神経組織は

「外胚葉(がいはいよう)」とよばれる同じ細胞群から形成されるので、

 

皮膚を触ることは

脳へダイレクトにつながり、

体が心地良いと思うことは、脳も心地良いと感じるのです。

 

心と体のつながりを意識して

自分にあった方法で

そしてその結果を信じてヨガにとりくめば

きっと皆さんも

心と体を癒す「ヨガの恩恵」を感じることができるのではないでしょうか。

  

「プラシーボ効果」のように、

信頼しているお医者さんから”この薬は効果があるよ”と伝えられて

本人がそれを心から信じていれば、

治療効果が良くなったりすることと似ているのかなぁなんて思ったりもします。

 

 

ヨガを通して 心と体の緊張のねじを緩めて

少しでも平穏な心と体の状態への旅のお手伝いができればと思います。

 

ANRI

 

985F71CD-C789-4BE8-BE34-74C26DACEBE6.jpeg