2022-09-05 12:00:00

脳内ホルモンとヨガ

~脳内ホルモンついて~

んにちは。

フィヤージュジャズダンス&ヨガスクール インストラクターのANRIです🍎

今日は脳内ホルモンについてのお話です(*^^*)

 

私達には血液中に「ホルモン」を分泌する器官として

「内分泌線」が存在します。

具体的な臓器としては、甲状腺、膵臓、卵巣等々です。

 

各内分泌腺からは

放出されるホルモンが決まっていて、

私達の体は本来、

何らかの事を求めているときに

内分泌腺からホルモンが分泌され、

そのホルモンがターゲットに届き、

無意識のうちに体が求めている作用が起こっています。

 

食後に血糖値が上昇すると、膵臓からインスリンが分泌されることも

この作用の代表的な一例です。

 

では、脳内ではどのようなホルモンが働いているのでしょうか?

 

「心の三原色」と呼ばれる脳内ホルモンとして、

①ドーパミン:わくわくやる気、意欲、欲望

②ノルアドレナリン:ストレスや不安に対して対抗したり、逃避したりする

③セロトニン:上記2つのホルモンの暴走に歯止めをかける、バランスをとる。万能Happyホルモン

 

①も②もそれぞれ

私達が生きるためには欠かすことのできない、とても大切なホルモンなのですが

過剰すぎたり不足したりすると

「自律神経失調症」や、「うつ病」を引き起こしてしまうとことがあります。

 

それらを乱す、外部からのストレス等を取り除ければいいのですが、

社会生活では

なかなかそうはいかなかったりしますよね。

 

そこで

①や②のバランスを整える「セロトニン」を増やすことが

ストレス等に対する対応力をつけるために

とても重要になってきます。

 

「セロトニン」を増やす方法として

・リズム運動

・太陽光を浴びる

・スキンシップ

・ヨガ

・雑談

・音楽

・食事 等々。。

 

様々な方法があるのですが、

「セロトニン」は脳だけではなく

多くが「腸内」に存在するため

ヨガの「腹式呼吸」や「パリブリッタ(捻じりのポーズ)」などが

腸内の温度を上昇させて

「セロトニン」を分泌しやすくするそうです。

 

また、呼吸と連動させて動くヨガのシークエンスも

まさしく「セロトニン」を増やすのに最適ですよね。

 

リズム運動と音楽が良いのであれば、

両方を備えた「ダンス」も良いこと間違いなし✨

 

当スクールでは

「ヨガ」と「ダンス」の両方をお楽しみくださっている方がほとんどです☺

「ヨガ」と「ダンス」で「万能Happyホルモン」を増やしましょう💛

 

ANRI

 

S__260046851.jpg

 

 

 

 

 

 

2022-09-02 14:03:00

睡眠とヨガ

~睡眠とヨガについて~

んにちは。

フィヤージュジャズダンス&ヨガスクール インストラクターのANRIです🍎

今日は睡眠😴とヨガについてのお話です(*^^*)

 

早いものでもう9月。

朝晩も少しずつ涼しくなり始めてきましたね。

「秋の夜長」とよく耳にしますが、

段々と夜の時間が長くなってきているこの季節🍁

皆さんどのように過ごされていますか?

しっかりとした「睡眠」はとれているでしょうか。

 

現代の日本では、

5人に1人が「睡眠で休養がとれていない」、「何らかの不眠がある」と感じていて、

 

先進国の中でも

特に女性の平均睡眠時間については

日本人が一番短いと言われています😲❕

日本人女性の皆様、本当にお疲れ様ですm(__)m

 

 

お仕事や家事、育児、介護など。。と、

目まぐるしい日常生活で

慢性的な睡眠不足を感じている方も多いのではないでしょうか。

 

そもそも、「最適な睡眠時間」って何時間でしょう?

 

1日8時間以上寝ないと、いう方もいれば

4時間でも充分というショートスリーパーの方もいらっしゃいますよね。

 

保健指導の現場などでは、

”最低5~6時間は睡眠時間を確保してくださいね”と

お伝えしたりしますが、

大事なのは

その睡眠に対する「満足感」だそうです。

 

朝起きてからも疲労感がとれなかったり、

日中何度も居眠りしてしまったり、

頭がボーっとして集中できなかったり。。

そういった症状がある方は、

今の睡眠では十分でない可能性があります。

 

 睡眠を阻害する原因として

・睡眠時無呼吸症候群

・うつ病等の精神疾患

・高血圧

・アレルギー疾患 等々。。

精神的・身体的な疾患や症状が原因の場合は

しかるべき病院でケアをすることが大前提ですが、

 

・生活リズムの乱れ

・音や光などの環境面

・薬やカフェイン等の刺激物

もしもこれらに思い当たるふしがあれば、

それらを一つ一つ取り除く工夫が必要かもしれません。

 

また、

リストラティブ的な

リラックス系のヨガがもたらす、深い身体的リラクゼーションは

眠りに入るプロセスとほぼ同じで

 

心拍数が下がり

呼吸が静まり

筋肉が緩み

脳波がゆっくりになります。

 

”ヨガのレッスンの後は寝付きがいい” ”ぐっすり熟睡できる”

というお声があるのは

そういったメカニズムがあるからなんですね(*^^*)

 

当スクールでは

ご自宅でご参加いただける

オンラインヨガも配信中です♪

 

すっぴんパジャマで

ご自分のペースでご参加いただけると

大変好評中です💛

 

是非皆様も

ヨガで「睡眠の質」を上げてみませんか?

限りある夜の時間🌙

ヨガで実りの秋を味わいましょう💫

 

ANRI

 

023.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022-08-29 22:55:00

幸福指数とダンス

~幸福指数とダンスについて~

んにちは。

フィヤージュジャズダンス&ヨガスクール インストラクターのANRIです🍎

今日は幸福指数とダンスについてのお話です(*^^*)

 

昨日は、実に4年ぶりの念願の舞台で

クマモトダンスパフォーマンスに出演させていただきました!!

 

舞台に立って踊りを披露するのも、スポットライトを浴びるのも

マスクを外して踊るのも本当に久しぶり過ぎて

ハラハラドキドキでしたが、

ダンサーの皆様、ご家族の皆様、舞台関係者様にお力添えいただいたおかげで

フィヤージュらしい舞台が披露できたと思います(*^^*)

 

さて、タイトルにも上げていますが

 「幸福指数」について。

 

ハーバード大学の長年の研究結果によると

私達人間の「幸福」と「健康」を高めることは「良い人間関係である」ことが

科学的に証明されたそうです。

 

社会に出ると楽しいことだけではなく

頑張らないといけないこと、やらなければならないこと

辛いこと、悲しいこともたくさんありますが、

 

「目標としている舞台に立つ」「皆で作品(踊り)を創り上げる」

という、

同じ目的を持った仲間たちとのコミュニケーションが

私達の心を癒してほぐして、幸福指数を上げてくれていると感じています✨

 

だから、フィヤージュの舞台が終わった後は

皆、感激の涙であふれるのだと思います✨

 

”フィヤージュは、「私の第二の家」です”

”フィヤージュの先生は第二の「お母さん」「お姉ちゃん」です!”

と有難いお言葉をくださる生徒さんもいらっしゃいます❤

 

皆様も是非、当スクールで一緒に踊って

心も身体も健康で幸せになりましょう(*^^*)

 

ANRI

 

139A9FA8-CA17-4E8C-B2F3-2509BAA1CCCD.jpeg

 

 

 

2022-08-27 12:26:00

幼児期のダンス

 ~幼児期のダンスについて~

んにちは。

フィヤージュジャズダンス&ヨガスクール インストラクターのANRIです🍎

今日は幼児期のダンスについてのお話です(*^^*)

 

 近年、遊び場が減少していること、塾通いなどで遊び時間が減少していること、

ゲームなどの普及で体を動かさない習慣が増えていることなどから

子どもの体力が低下していると言われています。

 

大人の私達もかなりの運動不足を痛感しているくらいですから、

コロナのステイホームも影響があるかもしれませんね。

 

よく、”〇〇ちゃん運動神経いいよね~”などと耳にしますが、

 

一般的にいわれる運動神経の善し悪し、

つまり

身のこなしなどの上手さを決定する神経系の発達は

幼児期にほぼ完成すると言われています😲❕❕

 

それ以外の生理機能や、筋力・持久力などは

10歳から20歳頃の間に最も発達するため

幼児期以降もお子さんの体はどんどん成長していくのですが、

 

思い通りに自分の体を動かすことができるように

神経系を発達させるためには

この時期に、さまざまな動かし方を経験させることがとても重要だと言われています。

 

当スクールでは、2・3歳から小学校低学年を対象とした、

はじめてダンスを習うお子様向けの「キンダークラス」がございます。

 

ダンスは、耳で音楽を聴きながらそのリズムに合わせて

全身を事細かに、前後左右に、ダイナミックに、繊細に、しなやかに

本当にさまざまな動きをします。

日常生活ではなかなか行わない動きがたくさんでてきます。

 

学校の授業でダンスが取り入れられてきたことから

ダンスを習い始めるお子さんもいらっしゃいますが、

「フィヤージュでダンスをしているから学校でも上手で先生に褒められた!」

などと嬉しいお言葉もいただきます(*^^*)

 

そして

音楽に合わせて踊ったり、飛び跳ねたり、

言葉だけでなく、踊ることでの自己表現の楽しさを知ってもらうことも

ダンスで学べる大切なことだと考えております(*^^*)

 

マスク生活で、顔の表情が分かりづらい現状ですが

喜びや悲しみ、楽しさ、切なさ等々。。

今の感情をダンスで表現することは心の豊かさの発達にも繋がると思います✨

 

是非、まだ早いと言わずに!!

 

遊びの延長のようなお気持ちで

当スクールでお子さんの日常にダンスを取り入れてみてください(^^)/

 

 

ANRI

 

 

 

2022-08-26 16:07:00

筋膜リリースとヨガ

~筋膜リリースとヨガについて~

んにちは。

フィヤージュジャズダンス&ヨガスクール インストラクターのANRIです🍎

今日は筋膜リリースについてのお話です(*^^*)

 

「筋膜」とは

「第二の骨格」とも言われ、全身を覆うウエットスーツのようなもので、体全体に張り巡らされています。

筋肉や内臓を包む細かい筋膜もあれば、全身を包むような大きな筋膜もあり、

私達の筋肉・臓器は、何らかの筋膜に覆われています。

 

筋膜の役割は

外部の衝撃から筋肉を保護する 緩衝材 だったり

体全体を覆う 保護材 のような働きをしていて

その動きが悪くなると

肩凝りなどの痛みや、関節の動きが悪くなったり、柔軟性を損なう原因にもなると言われています。

 

筋膜の動きが悪くなる原因は

長時間のデスクワークや、運動不足による筋肉の柔軟性の低下、

水分不足や姿勢の悪さなど。。私達の日常生活にあります。

 

「筋膜リリース」とは

筋膜の萎縮・癒着などによって筋膜の動きが悪くなっている際に

それらを引きはがしたり、引き離したり、こすったりすることで

筋膜を正常な状態へと戻すことで

「筋膜はがし」と呼ばれることもあります。

 

その効果は

筋肉自体の動きが良くなることに加え

筋肉へのスムーズな血液循環を回復させることができます。

また

筋膜の癒着などが原因として起こる体の負担を取り除くことで

慢性的な痛みの緩和や運動機能の改善も促してくれます。

 

筋膜リリースの方法は

トリガーボールを使用したり、筒状のローラーを使用したり、さまざまな方法がありますが

 

実はヨガのポーズの中でも

体の一つの部位のみでなく、手の指先から足先まで体のラインを意識したり、

「側屈/背骨を横に倒す動き」や

「捻じり(パリブリッタ)/背骨を回旋させる動き」でも筋膜リリースを行うことができます

 

S__258072580.jpg

 

また、それらのアーサナ(ポーズ)をゆっくりと長くホールド(続ける)ことが

より効果的と言われていて

 

当スクールの

「陰(イン)ヨガ」クラスで行うポーズは

まさに「筋膜リリース」を意識したものになります。

 

真新しいことに思えて

実はもう私達が行っているヨガの一つでした!

 

じっくりと時間をかけてまどろみながらの陰ヨガクラス。。

当スクールでもとても人気なクラスです✨

筋膜リリースを意識して陰ヨガを行うと

またご自身の身体に新しい気づきが生まれるかもしれませんよ~(*^^*)

 

 

ANRI